ヒトの猫アレルギーについて。

こんにちは、院長の岡本です。

今回は非常に興味深い発表があったので紹介したいと思います。

それは猫アレルギーについて、ピュリナが発表した画期的な治療法です。

 

猫にとってのアレルギーではなく

ヒトが罹患する猫アレルギーについてです。

猫アレルギーの症状としては、

目のかゆみや鼻水、くしゃみ、咳、呼吸困難、皮膚が赤くなる、

じんましんが出るといったことが挙げられます。

ヒトが猫アレルギーを制御しようとすると、アレルギー薬の副作用が仕事や社会的、

日常的活動に支障をきたす場合がありので、飼い主と猫の触れ合いが制限される可能性があります。

もちろん、人が対象なので私たち獣医師が直接診断したり、治療したりすることはありません。

したがって、ヒトの猫アレルギーについて相談されるということもめったにありません。

 

猫アレルギーの約95%のヒトで、猫が持つFel d1という物質にアレルギー反応を示します。

Fel d1は主に唾液腺と皮脂腺で生成され、毛づくろいに伴って猫の被毛に広がり

抜け毛やふけとともに環境中に放出されます。

すべての猫がFel d1を持っています。

 

そこで、Feld1の抗体を食事に混ぜることで唾液中のFel d 1を中和させます。

当然毛づくろいに伴うFel d 1も減少します。

 

環境中のアレルゲンの低下により、アレルギー症状の軽減が認められたということです。

 

通常はヒトが治療を受けるのですが、画期的なところは

猫にアプローチをすることで、ヒトの猫アレルギーを治療するというところです。

このFel d 1抗体は卵由来なので安全性も高いとのことです。

残念ながら、まだ製品として世に出ていませんが、

猫といる生活が少しでも幸せになれるよう一刻も早い製品化が期待されます。

 

2020.09.28 Monday| 20:29comments(0)| by ☆ミケミ☆

9月24日に皮膚科のWEBセミナーを聴講しました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、休日や診療後になるべく多くの

勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

本日は昼間の歯科自習に続き、

夜は“ながた塾reunion”に参加し食事アレルギーについて解説していただきました。

一言で言ってしまうと食事アレルギーは難しいです。

食事アレルギーは、儀織▲譽襯ーといって免疫が関与し激しい症状を伴います。

食事に伴った反応ですので、病歴が最大のヒントとなります。

 

また、診断は除去食試験と負荷試験によって診断されます。

除去食試験とは、今まで食べたことのない食物(おやつも含む)で症状が消えるかどうか、

負荷試験は除去食試験で症状が消失した後に、以前食べていたものを

少量追加し同じ症状が発症したら、その食物にアレルギーがあると診断します。

 

つまり、食事アレルギーであれば、その食事を与えなければ症状が出ないわけです。

他のお薬もいりません。言い換えれば、原因さえ与えなければ治ります。

 

しかしながら、食事を変えているにも関わらずかゆみが続くときは、

私はその症状に食事は関係ないと考え診断、治療をしています。

 

食事アレルギーをややこしくしている最大の理由は、食物有害反応があるからだと思っています。

前述したように、食事アレルギーは儀織▲譽襯ーといいまして非常に重篤な症状が出ます。

ヒトでは給食で問題になるように、命にかかわるもので呼吸困難やショックに陥ることがあり、

時に死亡することもあります。

 

一方、有害反応はその食事をとると調子が悪くなるもので

例えば牛乳を飲むとお腹が緩くなる、というものが当てはまります。

これはアレルギーではなく、免疫は関与しません。

 

また、わんちゃん、猫ちゃんにとって食事は最大のうれしいイベントです。

それが当人にとってまずかったりしても調子が悪くなることもあります。

時々、当院に血液検査(IgEやリンパ球反応試験)をもとに

食事アレルギーと訴えて来院する方が多いのですが、これら検査はあくまで参考です。

食事アレルギーの可能性もあるし、違うかもしれないと思ってください。

決して完璧な試験ではありません。(ヒトでは食事アレルギーの診断にこれら試験は推奨されていません)

 

あらゆるものかゆみを食事アレルギーにしたがる方がいますが、食事アレルギーは

めったに見ない病気で非常に稀な疾患です。

 

かゆみ=食事アレルギーとは思いこまず、

正しい知識と正しい治療、そして食事がおいしいことで生活も豊かになれるのがいいですね。

2020.09.26 Saturday| 07:14comments(0)| by ☆ミケミ☆

9月24日に歯科実習に行ってきました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、

休日や診療後になるべく多くの勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

今回は歯科実習に出席しました。

歯科実習といってもスケーリングだけについて勉強しました。

講師はヒトの歯科衛生士です。

私たち獣医師は網羅すべき範囲が非常に多く

外科から内科、眼科から腫瘍、皮膚科から産科に至るまで

加えて動物種も考えなくてはなりません。

その中で歯科という領域は大学でもそれほど力を入れる領域ではありません。

したがって、必然的にスケーリングをちゃんと勉強する機会は少ないものになります。

 

当院では、毎年好評を得ているスケーリングキャンペーン間もなく始まります。

キャンペーンを行うにあたり、自分に変な癖がないか

アップデートがないか確認すべきだと思い参加を決めました。

 

人の歯科はそれだけを専門にやっているので、

知識やテクニックは私たちにないものがあります。

たかがスケーリングと思いがちですが、されどスケーリングで人でも色々アップデートがあります。

そんな話も聞けたので非常に勉強になりました。

 

そして去年、興味深い論文が発表されました。

犬の寿命に関連するリスク因子について、

約237万頭の犬を用いてある研究を行った結果、

年に1回のスケーリングは死亡リスク18.3%も低下させることが明らかになりました。

(Journal of American Animal Hospital Association 2019年6月号引用)

 

愛犬、愛猫の健康寿命を延ばせるよう皆様のお力になれればいいなと考えています。

だからこそ、年1回のスケーリングはペットの健康管理ためにもぜひ行ってあげてください。

2020.09.26 Saturday| 07:11comments(0)| by ☆ミケミ☆

9月19日に認知症についてのWEBセミナーを聴講しました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、休日や診療後になるべく多くの

勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

今回は認知機能不全(認知症)について、

行動学の入交先生の講義を聴講しました。

 

一昔前に比べ、わんちゃん猫ちゃんも長寿になりました。

そのため、ヒトと同様に認知症が増えています。

人に比べ、その症状が認知症かどうかということがわからないことが多く

初期症状を見逃している可能性が多々あります。

 

実際の診療ではかなり末期になってから来院されるケースがあり、

夜泣きなどでオーナーが苦しんでどうしようもなくなって来院されることも珍しくはありません。

認知症は進行します。

いかに、進行を遅らせ、健康な状態を維持するかということが大事だと思います。

 

そのためには、早期に診断し治療を開始するのが良いでしょう。

診断の助けになるのに評価シートがあり、

自分たちでできるので高齢の子がいたらチェックしてみるといいでしょう。

初期治療は難しいものではなく、栄養や運動が大切です。

意外とサプリメントも有効で、脳に良いとされている物質は解明されているものがあります。

都合のいいことにそれらが全部入っているサプリメントもありますので、

まず試してみるとよいでしょう。

 

加齢とともに悪化しうるので、その場合は薬剤に頼ることもあります。

末期になると管理が大変になるので、なるべく早期に発見し治療を開始することがお勧めです。

ただ長生きではなく、健康である時間を長くさせていきたいですね。

2020.09.26 Saturday| 07:06comments(0)| by ☆ミケミ☆

慰霊祭の代わりに献花が出来ます。

 

こんにちはミケミです 😺

 

この間の台風はみんな大丈夫だったかな 

ミケミは少し怖かったけどお家にいれば安心だね 

 

 

📌 今日は病院からお知らせがあります 📌

以前LINEでもお知らせしましたが、コロナウィルスの影響で今年の慰霊祭は中止になりました。

慰霊祭は家族として私達を癒してくれた動物達の他にも、

保健所で処理された動物。

道端で不遇な事故にあった動物。

全ての動物を偲ぶ日です

慰霊祭はありませんが、代わりに献花台を設置しています。

お花以外のお供え物や写真、お線香等はご遠慮ください。との事です。

 

 

日時 9月20日(日)〜9月26日(土)

場所 \轍市動物指導センター

    静岡市葵区産女953番池

 

   旧清水斎場 

    静岡市清水区北矢部1452番池

 

台風などで天候が悪い場合は設置できない可能性があります。

 

慰霊祭

 

 

 

🌻 お友達紹介 🌻

 

ココちゃん

 

ホテルでお泊まりに来てくれたココちゃんです 🎀

緊張していたけど楽しそうにお散歩してたね 👍

 

 


---- ☆すこやか動物病院☆ --------------------------------

すこやか動物病院は静岡県静岡市駅南にあります。
診療動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターなど


<診療科目>
循環器外科・内科、一般外科、一般内科、皮膚科、
腫瘍科、神経科、泌尿器科、歯科、眼科など

当院ホームページ:http://www.sukoyaka-ah.com/
〒422-8066 静岡市駿河区泉町5-7
TEL:054-202-0211 FAX :054-202-0213
----------------------------------------------------------

 

 

2020.09.18 Friday| 13:18comments(0)| by ☆ミケミ☆

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:427
最後に更新した日:2020/09/28

mobile

qrcode