8月25日 ピュリナ主催の勉強会に行ってきました

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、休日や診療後になるべく多くの勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

 今回はピュリナ主催で、てんかんと認知機能不全をテーマにした勉強会に行ってきました。会場は品川駅の南口にあり、とても立派なビルで映画館を思わせる会場でした。肌で都会を感じてきました。

 

 

 

 

 

写真1.会場周辺のビル。眼下には癒しの空間が広がっており、都会を感じます。

 

 

写真2.会場は映画館のようで、使い勝手がよく開演開始時にはほぼ満席になっていました。

 

 

肝心な勉強ですが、今回は何といってもピュリナが発売したてんかんや認知機能不全に効果があるフード(ニューロケア)を出したことです。今回の勉強会で過去に感じていた疑問を払拭することができました。

思い出したのは、勤務医時代(島田市にある渡辺動物病院)のことです。院長である渡辺先生がてんかんのエキスパートだったため、症例も多く、よく勉強したものです。人ではてんかんの治療の1つにケトン食(食事療法)があるのですが、獣医学にはその概念がない。どうしてケトン食が有効なのか?動物に合わせた食事療法もなく、ケトン食療法についてそれ以上勉強しなかったからです。

 

 

写真3.ピュリナのフード(ニューロケア)が作用するメカニズム

 

考えてみると、てんかんの治療も随分変わりました。使っている薬も新薬が出たり、診断治療の手順に基準ができたりしています。私が以前翻訳したICUブックのてんかんの治療の章も読み返してみたら随分古いなと感じました。

 

 

写真4.ICUブック。英語が苦手なため、当時は苦労して翻訳作業にあたりました。  

 

 

 

写真5.今となっては古さを感じるICUブックのてんかんの章。

 

認知機能不全の講義も聴いてきました。いわゆる認知症とかボケ、なんていわれるものです。認知機能不全の診断と対処の仕方という内容でした。残念ながら、獣医療は人に比べて遅れています。人では認知機能不全になる前どう予防するか、これが重要で老年科もあります。残念ながら治る病気ではないので早めの対応、特に食事と運動が大事だと私は考えています。

 

今回は、認知機能評価シート(DISHAA:ディーシャ)を提供していただきました。皆様も使ってみるとよいと思います。心当たりがあれば、ご相談ください。

 

 

写真6.認知機能評価シート(DISHAA:ディーシャ)

2019.08.27 Tuesday| 11:55comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:315
最後に更新した日:2019/09/20

mobile

qrcode