3月14日に石田卓夫先生の臨床病理学の勉強会に参加してきました。

 

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、休日や診療後になるべく

多くの勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

今回は渡辺動物病院にて毎月1回行われているよる臨床病理学です。

 

細胞の形態を診ることによって

診断の道筋を立てていく細胞診の勉強と、診療や治療に苦慮する症例の

データをもとに検討していく症例検討会を行っています。

 

主な内容としては、細胞診とはしこり(腫瘤)に針を刺して細胞の形態を診る検査です。

それによって治療方針を決めていきます。

 

細胞診では当院の3症例診ていただくことができました。

どの症例もすでに治療が開始されて良好に過ごせていますが、私の細胞診での

評価法に対しコツや見落としがないか再度確認が取れるので非常に勉強になります。

 

今後の治療方針も経験と知識が豊富な石田先生から

直接いただけるので患者様にとってもとても有意義な勉強会です。

 

細胞診の様子(消化器型リンパ種)

 

細胞診の様子(肉腫)

 

細胞診の様子(鼻腔内リンパ腫)

 

顕微鏡の映像をモニターに映しています。

 

細胞の形態を診ることによって診断を予想します。

勉強会では非常にリンパ腫が多く認められました。

 

リンパ腫の80%は多中心型(全身のリンパ節が腫れるタイプ)といわれていましたが、

最近では消化器や鼻腔内、腎臓などといった臓器のその他のリンパ腫がとても多いです。

 

2020.03.25 Wednesday| 14:08comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:377
最後に更新した日:2020/05/22

mobile

qrcode