皮膚病でお悩みの方へ

こんにちは、院長の岡本です。

今回は皮膚病で悩まれていた方をご紹介します。

 

このワンちゃんは非常に強い“かゆみ”で悩まれ当院に来られました。

7歳の柴犬で今は元気になり、性格も懐っこくとてもいい子です。

若いころからかゆみがあり通院を繰り返していたそうです。

一昨年(6歳)ごろから悪化、薬を投与しているが改善もなく元気や食欲がなくなってきたそうです。

“かゆみ”のため体をかきむしってしまうため、カラーを常時着用。

元気もなく、抑うつ傾向がみられました。

体幹部は毛が薄くなっており、四肢端や口唇は赤く腫れていました。

 

皮膚は薄くなっており胸部や腹部から内股にかけて顕著に脱毛していました。

 

そんなワンちゃんでもきちんと診断し、問題点を整理すればこんなにも良くなります。

元気や食欲も出て(もちろんカラーはしていません)、オーナー様にも喜んでいただいています。

元気いっぱいになりました。地肌が見えないくらいに毛も生え揃いました。

散歩に行くと近所の方に「新しいワンちゃん飼ったの?」と言われたそうです(*^-^*)。

 

 

4カ月後の写真です。胸とお腹の毛もすっかり生え揃いました。元の美人さんに戻りました。

 

薬の種類も量も以前の病院の時より少ないそうです。

このワンちゃんは“かゆみ”の体質があるので現在のところ

完全に休薬までには至っていませんが、薬の容量も漸減しているところです。

皮膚病が治らないからと諦めずに、当院にご相談いただけるとありがたいです。

 

“かゆみ”は強いストレスです。

“かゆみ”の症状を訴えるワンちゃん猫ちゃんは苦しんでいます。

少しでも苦痛を取り除けるお手伝いが出来たらいいなと感じています。

2020.04.03 Friday| 10:09comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:377
最後に更新した日:2020/05/22

mobile

qrcode