6月24日に「犬と猫の消化器疾患 蛋白漏出性腸疾患への対応」のWEBセミナーを聴講しました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、

休日や診療後になるべく多くの勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

今回はいつもお世話になっている日本臨床獣医学フォーラム会長の石田卓夫先生による

「犬と猫の消化器疾患」「蛋白質漏出性腸疾患への対応」のWEBセミナーを聴講しました。

石田先生は毎月渡辺動物病院にて行っている臨床病理学の勉強会でご指導いただいている大先生です。

 

蛋白漏出性腸疾患は私たち獣医師がしばしば遭遇する疾患で、

原因は多岐にわたり、また診断や治療にも苦慮することがある疾患でもあります。

 

いつもながら、石田先生のお話はスマートでわかりやすく、

誰でも病気の診断と治療ができてしまうような気になります。

 

しかしながら、実際の現場では石田先生のお話の通りに

診断と治療が進まないことがあるのも事実です((*^-^*))。

石田先生位の知識量があると説得力も半端ないので、ぜひ見習いたいものです。

 

 

 

 

2020.06.26 Friday| 09:56comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:401
最後に更新した日:2020/07/12

mobile

qrcode