6月28日に呼吸器および外科のWEBセミナーを聴講しました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、

休日や診療後になるべく多くの勉強会に出るよう心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

今回は一般社団法人LIVES (League of International Veterinary Educational Specialists)

主催のWEBセミナーに参加しました。

 

LIVESとは、海外及び国内の獣医師のネットワークを拡大することで

日本の獣医療に関する技術・知識の向上を目指した団体のようで、私は初めて参加しました。

 

 

8時間にわたるスペシャリストの講義でしたが、

とても参考になることが多く体感としてはあっという間の8時間でした。

午前中の診療後、すぐに聴講しましたので、

講義が終わるころにはさすがにお腹がすきました。

 

 

第1講義では、「気管虚脱を再考する」をテーマに

呼吸器のスペシャリストである末松先生の講義でした。

 

6月17日の講義に関連した内容で(http://blog.sukoyaka-ah.com/?eid=1116447)

その中の気管虚脱にのみ注目し、診断から治療まで解説していただきました。

 

 

第2講義では「明日から使える跛行診断」をテーマに

カナダのサスチュカワン大学の外科専門医である青木先生の講義でした。

 

跛行(はこう)とは、片足を引きずることで、

表現が少し適切ではないかもしれませんが“びっこ”のことを意味します。

跛行は、話すことができない動物では、非常に難しいことが多々あります。

 

動きがこちらで指示できるわけでもなく、動きが早かったり、緊張により

症状が隠れたりしてわからないこともあります。

ヒトのように話ができれば簡単なのに…と思わされることが多いです。

 

この跛行診断において、アメリカの専門医は非常に重視し、

徹底的にトレーニングされているので、どの講演者でも感心させられます。

跛行は整形外科的な問題はもちろん、神経学的異常でも起こりえます。

 

以前、聴講を受けた金園先生(http://blog.sukoyaka-ah.com/?eid=1116398)も

非常に跛行診断を重視しておられました。

 

 

 

第3講義では「超音波ガイド下神経ブロック」をテーマに

ニュージーランドのマッセイ大学の麻酔専門医である佐野先生の講義でした。

 

神経ブロックは手術前に行われる手技で、術後の鎮痛には非常に有効ですので、積極的に使用したい手技です。

昨年、飯塚先生による講義(http://blog.sukoyaka-ah.com/?eid=1116403)を

していただいた時の方が時間も長く詳しく解説していただいたので、今回はその復習といったところです。

 

第4講義では「ヒーヒーいう犬が緊急来院−どう戦う」をテーマに

診断から治療にわたり各分野の先生がどう対応すべきかの講義でした。

 

症例は喉頭麻痺を起こし、呼吸困難から誤嚥性肺炎を起こした犬の対応についてでした。

喉頭麻痺は気管の入り口である喉頭が機能を失い、

息をするとき喉頭が十分に広がらないために吸気ができない病気です。

 

喉頭麻痺の症状や特徴→画像診断→誤嚥性肺炎に対する治療(感染)

→非心原性肺水腫に対する治療→麻酔→麻酔科での確定診断法→外科手術(基本)→外科手術(応用)

という具合ですべての講師が得意分野を話すリレー形式のセミナーでしたので、

ずっと一人の先生が話す時より変化がつき、かつ分かりやすく勉強になりました。

 

 

第5講義では再びサスチュカワン大学の青木先生のケースディスカッションがテーマでした。

軟部外科と整形外科症例を1例ずつ紹介していただき、こんな症例が来たときは

こんなことを考えて治療方針を決定するという内容でした。

 

手術成功のカギは90%が手術準備にあるということ=病気の理解と手技の選択にあるということです。

当たり前のことですが、以外とこれができていない方が多いように思います。

医療も基本を大事にして反復することで徹底的に習得 (思考と技術の両面)することが私は重要だと思います。

 

第6講義では「短頭種症候群」がテーマでした。

これもリレー形式で、病態生理、臨床症状を青木先生が、麻酔を佐野先生が、

外科的治療を末松先生が講義をする内容でした。

短頭種症候群に関しては、私も手術をよく勧めます。

 

短頭種(フレンチブルドック、イングリッシュブルドック、パグ、狆、ペキニーズなど)は

短頭種症候群と呼ばれ呼吸が苦しい子が多いですので、要チェックしてください。

 

過去のブログでも紹介していますのでこちらも参考にしてください。

http://blog.sukoyaka-ah.com/?eid=1116370

 

以上、長い1日となりましたがすぐに実践可能な講義内容でした。

2020.06.30 Tuesday| 19:47comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:401
最後に更新した日:2020/07/12

mobile

qrcode