7月7日に腫瘍科のWEBセミナーを聴講しました。

こんにちは、院長の岡本です。

皆様により良い医療が提供できるよう、休日や診療後になるべく多くの勉強会に出るよう

心掛け日々精進しています。

私が参加した勉強会の一部を皆様に紹介します。

 

5月19日と6月23日に続き、日本臨床獣医学フォーラム主催の林宝先生による

腫瘍学のWEBセミナーを聴講しました。

 

今回は「臨床家のための抗がん治療の話〜基礎からアップデートまで〜」という演題でした。

 

私たち獣医師が日頃の診療で腫瘍疾患に遭遇することはまれではありません。

時に抗がん剤を使用することもあります。

 

抗がん剤は効果も高い分、副作用を生じることも多々あります。

副作用を知ることで、予防や対処ができるので、

使用するからには我々獣医師は必ず知っていないといけない内容です。

 

また、最近は分子標的薬という抗がん剤の登場し、

以前の抗がん剤よりも効果が高く、副作用が少ないので汎用される機会が増えました。

 

当院でも、トセラニブやイマチニブといった分子標的薬を処方しています。

この分子標的薬を発売当初から、世界中の獣医の腫瘍専門医が色々な腫瘍に使用していました。

 

その結果、最近になってこの分子標的薬が効きやすい腫瘍と、

効かない腫瘍がわかってきました。

今まであきらめなければならなかったある種の腫瘍の患者も延命できたり、

生活の質の向上するかもしれません。

 

また、発売当初言われていなかった副作用も出ることもわかってきており、

やはり知識のアップデートは必要だと思いました。

 

費用や副作用のことも考えると、抗がん剤は安易には処方できません。

私たち獣医師は抗がん剤を使用するからには、責任をもって対応すべきだと改めて思いました。

 

 

2020.07.10 Friday| 08:51comments(0)| by ☆ミケミ☆
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

categories

アーカイブ

最近のコメント

  • 涼しいこの季節 ノミ・ダニの予防をお忘れなく
    わたなべ 甲斐
  • 花粉症の季節ですね
    ヤマシタ
  • ペットの病気「門脈体循環シャント」
    リヒママ
  • 寒い冬に気をつけたいこと。
    グリコ
  • 彩鮮やかな可愛いお花♪
    ノアママ
  • フィラリア予防はお早めに♪
    三浦マリア
  • 春になったら気をつけて!
    riko
  • 予防のお知らせとカレンダーの配布スタート♪
    小沼雄一
  • お正月休みのお知らせとお水を飲む量について
    もみじママ
  • 台風の季節はご注意
    ロンプリ

リンク

プロフィール


profilephoto
書いた記事数:403
最後に更新した日:2020/07/29

mobile

qrcode